長崎いちご

 


    佐世保市・平戸市・松浦市の3市でビニールハウスで栽培しています。いちご栽培の歴史は古く、露地・トンネル栽培にて『ダナー』と言う品種から栽培が開始されたと言われています。現在は、長崎県統一ブランドとして『長崎いちご』で販売を行っています。
 

   JAながさき西海「いちご部会」で栽培するいちごは、品種は『ゆめのか』『さちのか』で、うち『ゆめのか』が85%を占めています。東京・大阪・神戸・佐世保市場に出荷を行っていて、3月になると最盛期を迎えます。