西海なす

 


   佐世保市早岐地区で昭和48年から始まった露地なす栽培。同地区を中心に「夏秋なす」の共販がスタートし、昭和59年には「施設栽培」が行われるようになりました。これが「西海なす」のはじまりです。

   「西海なす」は現在、露地なす・施設なすを合わせて栽培していて、品種は「筑陽(ちくよう)」。濃い黒紫色が美しく、首が太いのが特徴で、果肉のきめが細かく、とても食感のよい長なすです。
   当JAでは、温州みかん・花きと並ぶ「西海ブランド」主力品の1つとして、地元佐世保、東京、広島の市に出荷しています。