投稿日時: 2018-09-11 (18 ヒット)

部会長から表彰を受ける受賞者

JAながさき西海中央地区ゴーヤ部会(坂井部会長)は8月24日、同北部中央支店でゴーヤの品評会を開催しました。厳正な審査のもと、最優秀賞には、永田さん(ハウス)、市瀬さん(露地)、大谷さん(加工品)が選ばれました。

同品評会はゴーヤの振興・生産意欲の向上と消費拡大を目的に毎年開催されており、圃場の部・加工品の部で審査を行い入賞者の表彰を行います。

続きを読む | 残り578字 |

 投稿日時: 2018-08-24 (58 ヒット)

早期米の仕上がり具合を検査します

JAながさき西海管内で第1回目となる早期米の米検査が8/10に同JA福島ライスセンターで実施されました。松浦市福島町ではコシヒカリが地域全域で栽培されており、8/4から早期米の稲刈りがスタート。この日は1640袋の出荷契約米が米検査員によって検査を受け、すべて1等米に格付されました。

続きを読む | 残り177字 |

 投稿日時: 2018-08-14 (66 ヒット)

説明を行う森田営農販売課長

JAながさき西海は同JA管内の農産物の魅力とJA事業の理解を深めてもらうために、佐世保市にある長崎短期大学の食物科栄養士コース1・2年生約60名を対象に食物科セミナーを行いました。生徒たちは、文部科学省の大学改革推進事業「大学改革再生加速プログラム」の一環として、地域課題解決のために身に付けるべき専門分野の知識や計画立案力の向上のため集中して講話を聞いていました。

続きを読む | 残り194字 |

 投稿日時: 2018-07-26 (88 ヒット)

金賞受賞の深谷さん

 

JAながさき西海は7月12日、佐世保市地方卸売市場食肉市場で第12回ながさき西海農業協同組合和牛枝肉共励会を開きました。この共励会は、地元食肉流通市場のシェア拡大と販売流通体系の安定および「長崎和牛」の銘柄確立を図り、畜産農家の経営安定と品質向上に努めることを目的としています。

続きを読む | 残り281字 |

 投稿日時: 2018-06-15 (184 ヒット)

目揃いを行う部会員、市場担当者

 

柚木アムスメロン生産部会は6月8日、JAながさき西海柚木出張所にて2018年産柚木アムスメロン出荷協議会を開きました。

今年産の同アムスメロンは3月の定植後より気温の変動が激しく一部着果のバラつきが見られましたが、大きな病害虫の被害は無く、糖度、食味ともに仕上がりは良くなっています。

続きを読む | 残り278字 |

(1) 2 3 4 ... 21 »

jasmilevol5