投稿日時: 2019-07-16 (12 ヒット)

厳しい検査を経て出荷されます

 JAながさき西海管内で栽培されているハウスほおずきが出荷となりました。JAながさき西海ほおずき部会は、平成30年9月に管内の3部会が統一され、今年産は生産者33名、面積184.5a、ハウス・露地で栽培に取り組んでいます。今年産は芽出し以降4~5月、干ばつと夜温低温により栽培管理が非常に難しい年でありましたが当部会では、統一部会活動として現地検討会で生育状況の確認と栽培技術勉強会を実施したこともあり、生育順調で朱色鮮やかなほおずきが出来上がりました。ハウスほおずきは、主に新盆(7月盆)の飾り用で、新盆が行事風習として残っている関東市場中心に約7,500本程度出荷します。

続きを読む | 残り105字 |

 投稿日時: 2019-07-05 (143 ヒット)

投票を行う総代の方々

JAながさき西海は6月27日に、佐々町文化会館で第17回通常総代会を開催しました。第2号議案では第5次中期経営計画として「販売手数料の改定」「支店再編」等経営改善策とした計画が上程され、投票の結果、可決承認されました。

 第5次中期経営計画は国内外の環境変化に対応し、JAの安定した経営基盤で組合員の営農と暮らしを守るための提案で、同JA役員が昨年の8月から検討を重ね作成されたものです。

 販売手数料では、2020年度から2021年度にかけて段階的に現行手数料にプラス1.0%引き上げることを上程しました。組合員の減少や信用事業収益の低下に伴い、早急な打開策としての計画案で「2021年度までに5億5700万円の改善を図る」としています。また、支店再編により「18支店9出張所」を「5基幹支店7支店1出張所」に再編する予定です。

続きを読む | 残り277字 |

 投稿日時: 2019-06-20 (380 ヒット)

組合員の方々へ説明を行います

 JAながさき西海は6月14日から21日にかけて、各地区の支店や公民館等において、第17回通常総代会の事前地区別説明会を開いています。初日に行われた山田地区、生月地区での地区別説明会では約110名の組合員が出席しました。

 地区別説明会では、同JAの2019年度から向こう3カ年の「第5次中期経営計画」を中心に、平成30年度の事業報告、令和元年度事業計画等について「通常総代会資料」を配布し説明を行いました。特に第5次中期経営計画の内容については、同JA合併以降、最も大きな支店再編や販売手数料の改定の提案が含まれており、組合員から多くの質問や意見が出されました。

続きを読む | 残り189字 |

 投稿日時: 2019-06-10 (327 ヒット)

検見を行う部会員

 JAながさき西海佐々たまねぎ部会は5月下旬、2019年産加工業務用たまねぎの収量検見会を行い、部会員、県北振興局、全農、JAの計11人が参加しました。収量検見は、5月下旬からの出荷を目的に作付けされた圃場を巡回し、各部会員の各圃場毎に平均的な生育場所2か所程度から、たまねぎを連続10株抜き取り葉切り、根切りをし重量を量ります。その後、玉葱検見表を用いて10アール当たりの見込み収量を算出する作業を行いました。今回は8ヶ所の圃場にて収量検見を行い総栽培面積約211アールに対し90の収穫見込みとなりました。

続きを読む | 残り195字 |

 投稿日時: 2019-05-15 (558 ヒット)

焼肉のたれを煮詰める女性部員のみなさん

 JAながさき西海女性部させぼ地区相浦支部は4月下旬、JA相浦支店調理室で焼肉のたれ作り教室を開き部員14人が参加しました。たれ作りは、リンゴやバナナ、部員が栽培したタマネギなど7種類の食材と砂糖、醤油、香辛料など8種類の調味料を使い、食材をミキサーですりつぶし、調味料と共に鍋に入れて火にかけ20分煮詰めて完成させます。出来上がったオリジナルの焼肉のたれは、水を使わず、にんにくや生姜も入っているため長期間の保存が可能で何にでも使える万能調味料であり、とてもおいしく出来上がり、参加者から好評でした。

続きを読む | 残り127字 |

(1) 2 3 4 ... 24 »

jasmilevol8

jasmilevol7