第14回県北地域和牛共進会-グランドチャンピオンは「かつはれ号」
 投稿日時: 2018-11-30 (61 ヒット)

グランドチャンピオンの坂本さんとかつはれ号

 県北地域和牛改良推進協議会は11月8日に平戸口中央家畜市場で第14回県北地域和牛共進会を開催しました。

 今大会では80頭の牛が出品され、7区間の分野で数多くの基準をもとに選考が行われました。

 昨年開催された「全国和牛能力共進会宮城県大会」では長崎県代表牛として同JA管内から出品された牛の全頭が優等賞以上の成績を獲得し、「長崎和牛」としてのブランド力向上に成功しています。4年後の全共鹿児島県大会で、再び日本一を獲得すべく、この大会には多くの生産者と関係機関、JA職員が何度も会議や研修等を行い、品質管理を徹底し、洗礼された素晴らしい牛が今大会に挑みました。

 グランドチャンピオンには第1部に出品した坂本さん(松浦市調川町)の「かつはれ号」が選ばれました。また、団体賞には昨年に引き続き平戸地区が選ばれました。

 同協議会の松田副会長は「4年後の鹿児島全共で再び日本一を獲得すべく、今後も生産者、行政、関係機関が一致団結して「長崎和牛」のブランド強化に取り組んでいこう」と力強く話しました。

 また、この日は同家畜市場内にある畜魂碑の前で畜魂祭を行い、管内の畜産農家、関係機関、JA役職員が参列し、家畜の霊を鎮める儀式を行いました。これは1年間に飼育・出荷された家畜に感謝し、その魂を鎮め、飼養農家の無事と繁栄を祈願して毎年行われているものです。


jasmilevol6

jasmilevol5