朱色鮮やかなほおずきを出荷
 投稿日時: 2019-07-16 (426 ヒット)

厳しい検査を経て出荷されます

 JAながさき西海管内で栽培されているハウスほおずきが出荷となりました。JAながさき西海ほおずき部会は、平成30年9月に管内の3部会が統一され、今年産は生産者33名、面積184.5a、ハウス・露地で栽培に取り組んでいます。今年産は芽出し以降4~5月、干ばつと夜温低温により栽培管理が非常に難しい年でありましたが当部会では、統一部会活動として現地検討会で生育状況の確認と栽培技術勉強会を実施したこともあり、生育順調で朱色鮮やかなほおずきが出来上がりました。ハウスほおずきは、主に新盆(7月盆)の飾り用で、新盆が行事風習として残っている関東市場中心に約7,500本程度出荷します。

  当部会長の藤永氏は「ほおずきは出荷間際まで油断できない。白絹病など心配したが、計画本数を無事出荷できてほっとしている。」と話されました。当部会では今後、露地ほおずきは、旧盆(8月盆)用に出荷される予定です。


jasmilevol8