新入職員が「ミネストローネ」の下ごしらえに奮闘ー農業まつり2019へ向けてー
 投稿日時: 2019-11-25 (149 ヒット)

下ごしらえに励む今年度新入職員のみなさん

  JAながさき西海の新人職員と中途職員9名が500食の『ミネストローネ』の下ごしらえに奮闘しました。9名の職員は、1116日と17日の2日間開催されるJA農業まつりにブースを出店し、来場者に向けて販売しております。食材で使用する野菜は全て地元産で揃え、じゃがいもやタマネギは平戸市産、トマトやニンジンは佐世保市産を使用。販売する商品は、「地元野菜をたくさん食べて欲しい」「寒い時期だから温かいものにしたい」との想いから9名が話し合いで決定しました。

リーダーの吉井支店世知原出張所の中崎職員は、「美味しい地元野菜を知ってもらい、完売できるように頑張りたい」と意気込みを話していました。この企画は、JAながさき西海総務部人事課が取組むプラン51の1つです。5年間で1人前のJA職員へと成長できるよう、成長過程に合わせ協同活動を展開しています。今回のJA農業まつりへの参加は、「出店企画の話し合いから取り組んでもらった。考える力を養うことと自主性の向上につなげたい」と人事課の濵本職員は話しています。 

 


jasmilevol8