昨年度以上を目指して!アスチュルベ出荷目揃え会行う
 投稿日時: 2016-12-16 (321 ヒット)

目揃えを行う部会員の皆さん

 アスチュルベ部会は11月23日、アスチュルベの出荷目揃え会を行いました。今年度は出荷本数100万本を目標に、部会とJA、市場と連携を取って部会員一同、昨年度以上の出荷本数と販売額を目指しています。出荷目揃え会には、部会員、関係機関、JAら14人が参加しました。アスチュルベの切前の確認や今年度から変更になった出荷規格の確認などを行いました。

 アスチュルベは元々日持ちがしにくく、癖のある花ですが、研究努力を重ねたことで日持ちするようになりました。また、カラーリングにも力を注いでおり、市場から高い評価を得ています。

 沖田部会長は「佐世保産のアスチュルベを待ってくれているお客さんへしっかりとしたものを届けないといけない。そのために日頃の管理と選別の徹底をしっかりやろう」と話しました。

 同部会では月に一度、出荷目揃え会を開いており、季節に合わせた収穫・出荷、選別の統一を行っています。アスチュルベは全国約20市場へ出荷し、出荷時期は11月から6月までで、春に出荷量のピークを迎えます。