アスパラガス現地検討会

 JAながさき西海アスパラガス部会平戸支部は、8月25、26日の二日間各部会員の圃場にて現地検討会を開催。生育状況、病害虫発生の有無などを確認しました。
 今年は7月の降雨続きと猛暑により、アスパラガスの株疲れが生じており収量が低下傾向となっています。そのため、潅水管理の徹底と今後発生が予想される台風対策について呼びかけました。病害虫の被害を受けた圃場もありましたが、防除の徹底で回復でき、株疲れを生じているアスパラガスには有機、アミノ系肥料での追肥や、細根を増やす発根剤を取り入れ、12月の黄化まで健全な株を維持するように意思統一を図りました。
 夏芽アスパラガスは生産者49名が5.7ヘクタールを栽培。目標単収は1.5トンを目指します。
 JAの前川朱莉営農指導員は「夏場後半戦が始まり、モチベーションを新たに10月末までの出荷目標達成にむけて頑張ります」と意気込みをみせました。JAながさき西海アスパラガス部会平戸支部は、8月25、26日の二日間各部会員の圃場にて現地検討会を開催。生育状況、病害虫発生の有無などを確認しました。
 今年は7月の降雨続きと猛暑により、アスパラガスの株疲れが生じており収量が低下傾向となっています。そのため、潅水管理の徹底と今後発生が予想される台風対策について呼びかけました。病害虫の被害を受けた圃場もありましたが、防除の徹底で回復でき、株疲れを生じているアスパラガスには有機、アミノ系肥料での追肥や、細根を増やす発根剤を取り入れ、12月の黄化まで健全な株を維持するように意思統一を図りました。
 夏芽アスパラガスは生産者49名が5.7ヘクタールを栽培。目標単収は1.5トンを目指します。
 JAの前川朱莉営農指導員は「夏場後半戦が始まり、モチベーションを新たに10月末までの出荷目標達成にむけて頑張ります」と意気込みをみせました。

次の記事

佐世保市ミニマルシェ開催