ブロッコリー出荷ピーク

 JAながさき西海平戸地区管内で、ブロッコリーの出荷がピークを迎えています。今年産は22戸で507アールを栽培、約36トンの出荷を計画しています。台風の影響を受けた圃場もありましたが、玉締まりの良いブロッコリーが育ちました。
 平戸市紐差町にある平戸集荷センターでは、ブロッコリーの共同選果が12月から始まっています。共同選果を利用するのは管内4戸の農家。農家の労力不足の解消と面積の拡大、品質の統一を図り、市場への信頼を得るため、今年度より試験的に実施しています。集荷されたブロッコリーは作業員が茎を切り落とし、サイズ別に分け、鮮度を保つために発泡スチロールに氷詰めして出荷します。
 JAの担当者は「今後、共同選果を利用する農家を増やし、農家の作業効率を高め面積の拡大と品質の良いブロッコリー出荷を目指していきたい」と話しました。