ナバナ定植終了

 JAながさき西海平戸地区管内で、ナバナの定植が10月中旬から始まり11月上旬で終了しました。同地区は菜花産直研究会に所属する3人が約40アール栽培予定。日本販売農業協同団体連合会(日販連)を通じて、生協との契約販売を行っています。
「平戸菜花」は関東以北で人気の食材で評価も高く、契約販売は市場出荷品のような価格の変動がないため、安定した収入が確保でき、結束に手間がかかる市場出荷に比べ、袋詰めのため作業時間が半分程度で済みます。今年は台風も発生しましたが、大きな被害もなく生育は順調で、今後、生育状況を確認しながら現地検討会で管理を徹底します。
市場出荷は12月、契約販売については1月より開始します。

前の記事

露地作スナップエンドウ出荷始まる

次の記事

廃プラ回収で適正処理新着!!