青年部&女性部 餅つき開催!

ながさき西海農協青年部は、12月11日(日)に開催された「農水産まつり2022」にて、女性部と共同で「餅つき体験」と「つきたてお餅とぜんざいの販売」を行いました。

今回の活動は、地域へ青年部と女性部のPR及び食育活動に重点を置き、会場では子供からお年寄りまで多くの方と交流することが出来ました。

 現在では、なかなか見ることが無くなった杵と臼で行う餅つきを見物に来た子供たちに、実際に体験してもらいました。周りからは自然と掛け声が上がり、少し早いお正月気分を味わうことが出来ました。そして、つきたてのお餅を、女性部が作ったぜんざいに入れ、冷えた体を温めていました。

 子供たちは「うさぎさんのお餅つきが出来て、楽しかったです。」と満面の笑顔で話してくれ、ご両親は「初めて餅つきを見ました。子供にとっていい経験となりました」と話してくれました。

 コロナ禍で自粛が続き、食育活動が制限されている中、少しでも「食」に興味を持ってもらうことが出来ました。ながさき西海農協青年部の森貴紀部長は「青年部の活動が地域や子供たちの為になって、とても嬉しいです。これからも青年部は地域の支えとして活動を行っていきます。」と話した。

もちつきを行う青年部員

販売されたつきたてのお餅

子供たちと一緒に餅つき

ぜんざいの販売

次の記事

新年のご挨拶