金魚草定植開始

 させぼ南部営農経済センター管内では、9月初旬から金魚草定植を開始しました。

 昨年よりも定植本数20%増加の約10万本を定植します。

 冬場に生産可能な品目として当JAでは産地強化を図っており、年々販売高は増加傾向にあります。

 管内の金魚草産地は、定植期を分散し、摘芯栽培と無摘芯栽培を組み合わせることで11月から5月末までの長期間の継続出荷を可能としています。

 JA担当者は、「安定供給出来ていることが有利な販売につながり、安定価格が確保できている。特に、厳寒期は他産地の生産量が減少する中、当産地では出荷量が確保出来ている。この安定供給体制を産地の強みとして、更なる生産振興を強化したい」と話しています。

写真説明:苗の状態を確認する金魚草生産者

前の記事

ゆのきトマト出荷開始

次の記事

相浦小学校稲刈り新着!!