投稿日時: 2017-08-03 (16 ヒット)

出荷規格を確認する生産者の皆さん

 三川内野菜部会は7~8月にかけて、夏秋きゅうりの出荷ピークを迎えています。2017年産は生産者6戸、栽培面積68aで64.5tを目標に掲げています。

 今年産は6月上旬の定植以降、降雨が少なく生育に不安がありましたが、適宜な水管理・施肥を行ったことで7月初めにはまとまった数量で出荷が始まりました。

続きを読む | 残り338字 |

2017-07-21 部会が合同でゴーヤ現地検討会行う
2017-07-04 夏秋なす出荷最盛期に向けて意思統一を図る
2017-06-09 『ちゃぐりん』と「女性大学」で若い世代の取り込みにチャレンジ!
2017-06-05 ゴーヤ販売で産地間連携図り、更なる所得向上へ
2017-04-14 ひう花菜市悲願達成!販売額1億円突破